データシート

Ruckus H510

マルチサービス 802.11ac Wave 2 有線/無線ウォールスイッチ

WAVE 2 MU-MIMO
同時に複数のクライアントに送信することによって、ネットワークパフォーマンスが向上します。
集中IPサービス
複数SSID、ポートベースVLAN、4つのギガビットイーサネットアクセスポートを提供するH510は、VoIP、IPTV、高速インターネットアクセス、室内デバイス接続など、IPベースのサービスを有線と無線の両方で同時サポートするため集中サービスに最適です。
BEAMFLEX+により環境に適応した最適のパフォーマンスを提供
BeamFlex+アダプティブアンテナは、デバイス設置場所と向きに適応してWiFi信号の品質を高めるため、モバイルデバイスのパフォーマンス向上に理想的です。
モジュラー対応
H510はWiFiを超える接続を含めたさまざまなアプリケーション用のスナップオンモジュールに対応できるよう設計されています。
スタンドアロン型またはコントローラ型
H510は、スタンドアロンモードで導入することも、Ruckus ZoneDirector、SmartZone、またはRuckus FlexMasterシステムで集中管理することも可能です。
柔軟な導入オプション
H510に必要なケーブルドロップは1つだけで、標準の802af PoE で動作するため、配線、スイッチ ポート、電源装置の数を減らすことができます。
目立たないデザイン美的感覚に優れたコンパクトな形状
標準のコンセントボックスを使用して目立たずセキュアに設置でき、フロントポートアクセスにより複雑な配線が不要になるため、家具配置の邪魔になることもありません。
POE対応により配線をさらに少なく
PoE出力でVoIP電話などのデバイスに給電。余計な電源ケーブルが不要です。
高パフォーマンス 802.11AC WAVE 2対応 有線/無線統合ウォールスイッチ
Ruckus H510は、Ruckusの特許取得BeamFlex+アダプティブアンテナ技術を搭載した業界初のWave 2 802.11ac準拠有線/無線ウォールスイッチです。薄型デザインのため、標準の壁用ジャンクションボックスに個別に取り付けることが可能です。H510は室内に複数のケーブルを配線せずに複数の接続を提供できるため、ホテルの客室や大学の寮、集合住宅等へ各種サービスを一括提供するために理想的です。
H510はWave 2ソリューションとしてマルチユーザーMIMO(MU-MIMO)をサポートし、2台のWave 2クライアントに同時に送信することでネットワークスループットを向上させます。WiFiチャネルを効率的に使用することでWave 2クライアントのパフォーマンスが上がるだけでなく、すべてのクライアントで利用できるエアタイムが解放されるため、Wave 2に対応していないクライアントのパフォーマンスも向上します。
BeamFlex+アンテナを搭載した「モバイルデバイス対応」のH510は、クライアントデバイスの位置と向きにリアルタイムで適応し、安定したWiFiパフォーマンスを確保します。H510のBeamFlex+アダプティブアンテナシステムは、クラス最高のWiFiカバレッジとパフォーマンスをホテルの客室や集合住宅の居住者に提供できるよう最適化されています。
屋内アクセス用に4つのイーサネットポートが搭載されたH510は、IPTVセットトップボックス、IP電話、ネットワークに対応のミニバーなど有線ネットワーク機器とのの接続に加え、デュアルバンド802.11acワイヤレスLAN接続を同時に提供します。H510に搭載されているIEEE 802.3af準拠PoEポート経由で、IP電話などのデバイスに給電できます。H510本体は、標準のPoEまたはDC電源アダプター経由の給電に対応しています。
H510は、最高の柔軟性を誇り、将来に渡って使用することが可能です。将来のアドオン無線モジュールをワイヤレスでセキュアに接続できるよう設計されており、クラス最高のWiFi品質のさらに先を行きます。背面の配線用パスウェイでRG6やCAT3/CAT5などの従来の有線接続に対応します。イーサネット経由のビデオや音声など既存のサービスも同じジャンクションボックスで同時に提供できるため、導入時間と工事費用の両方を短縮できます。H510はスタンドアロンデバイスとして、またはSmartZone、ZoneDirector、FlexMaster のいずれかの管理プラットフォームにより集中管理することが可能です。

機能

統合されたデュアル無線2x2 802.11ac Wave 2 WiFi APおよびイーサネットウォールスイッチで、マルチユーザーMIMO(MU-MIMO)に対応
Ruckusの特許取得BeamFlex+アダプティブアンテナは屋内のパフォーマンスとモバイルクライアント用に最適化
帯域範囲のマッチングにより、2.4GHzと5GHzのクライアントデバイスで同様のWiFi信号到達範囲を確保
アドオン無線用のモジュラーオプション
PoEまたは48VDCで電源供給
VoIP電話などの屋内デバイスにPoE給電
SmartCast QoS
ラジオごとに、一意のQoSとセキュリティポリシーを持つ複数のBSSID
WPA-PSK、WPA-TKIP、WPA2 AES、802.11i
RADIUSとActive Directoryの802.1Xサポート*
Dynamic PSK*
アプリケーション認識および制御*
標準のUSおよびEU仕様シングルギャングウォールジャックに取り付け
アップリンクイーサネットポート用RJ-45
従来のインフラストラクチャ(PBX電話など)向けのケーブルチャンネル
Smart Mesh Networking*
*
管理対象

集中型有線/無線サービス

特性
電源
PoE 802.3af/802.3at
48VDC入力
サイズ
90mmx145mmx29mm
重量
230g
292グラム(取り付け金具を含む)
物理ポート
4 10/100/1000Mbps Base-T 802.3、802.3u、RJ-45イーサネットアクセスポート
1 10/100/1000Mbps Base-T 802.3、802.3u、802.3ab、802.3af(802.3atクラス4) PoE入力、RJ-45
USB2.0
取り付けオプション
壁用コンセントボックス; 標準のUSおよびEU仕様シングルギャングウォールジャック
オプションのオフセット & 壁取り付け金具
環境条件
動作温度: 0°C(32°F)~40°C(104°F)
動作湿度: 15%~95%
結露しないこと
消費電力
アイドリング時: 6.5W
標準: 7.3W
ピーク、PoE出力ロードなし: 9.2W
PoE出力の最大ロード:4W(PoE用802.3af)
12.95W(802.3atPoE入力)
RF
最小Rx感度
最大 -99dBm
BeamFlex* SINR Tx利得
2dB
BeamFlex* SINR Rx利得
3 ~ 5 dB (PD-MRC)
干渉軽減
5dB
*
BeamFlex利得は複数のAPと多数のクライアントで構成された実際の環境条件における長期的観測値を基準として、統計的なシステムレベルの効果値をSINRの増幅値に換算したものです。
パフォーマンスとキャパシティ
同時接続ユーザー数
100
音声コール
30
BSSID
ラジオごとに8つのBSSID
マルチメディアとQOS
802.11e/WMM
対応
ソフトウェアキュー
トラフィックタイプごと(4)、クライアントごと
トラフィック分類
自動、ヒューリスティック、およびTOSベースまたはVLAN定義
レートリミッティング
動的、ユーザーごと、または、WLANごと
ネットワークアーキテクチャ
IP
IPv4、IPv6、デュアルスタック
VLAN
802.1Q(BSSIDごとに1個、またはRADIUSベースの場合はユーザごとに動的設定)
ポート単位
イーサネットポート用802.1X
オーセンティケータ
サプリカント
管理
導入オプション
スタンドアロン(個別管理)
ZoneDirectorで管理
SmartZoneで管理
FlexMasterで管理
構成
Webユーザーインターフェイス(HTTP/S)
CLI(Telnet/SSH)、SNMP v1、2、3
Wi-Fi
規格
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
MIMO構成
2x2: 2SU-MIMO
2x2: 2MU-MIMO
サポートされるデータ速度
802.11n/ac: 6.5Mbps~173.4Mbps(20MHz)
13.5Mbps~400Mbps(40MHz)
29.3Mbps~867Mbps(80MHz)
802.11a: 54、48、36、24、18、12、9、6 Mbps
802.11b: 11, 5.5, 2, 1Mbps
802.11g: 54、48、36、24、18、12、9、6 Mbps
RF電源出力(総計)
2.4 GHz: 18dBm
5.0GHz: 22dBm
チャネライゼーション
20MHz、40MHz、80MHz
周波数帯
IEEE 802.11b/g/n: 2.4~2.484GHz
IEEE 802.11a/ac: 5.15~5.25GHz; 5.25~5.35GHz; 5.47~5.725GHz; 5.725~5.85GHz
動作チャンネル
2.4GHz: 1-13
5 GHz: 36-64, 100-140, 149-165
利用可能なチャンネルは国によって異なります (各国の法律に準拠)。
ワイヤレスセキュリティ
WPA-PSK、WPA-TKIP、WPA2 AES、802.11i
ZoneDirectorで802.1X認証、ローカル認証データベース、RADIUS、LDAP、Active Directoryのサポート
*
最高電力は国によって異なります。
**
最新の国別認定資格については、価格表をご覧ください。
CommScopeは、人類の発展を促進する画期的なアイデアや発見により、通信の限界を押し上げる取り組みを続けています。当社はお客様や提携企業と協力し、世界で最も高度なネットワークを設計し、構築しています。次世代のチャンスを捉え、よりよい明日を築くことが、当社の理念であり、目標です。詳細は、commscope.comをご覧ください。
詳細は当社ウェブサイトをご覧いただくか CommScope営業窓口までお問い合わせください。
© 2020 CommScope, 無断複写・転載を禁じます。
®や™のマークがついた商標はすべて CommScope, Inc.の登録商標または商標です。本書はプランニングを目的としてのみ作成され、CommScopeのいずれの製品またはサービスに関する仕様や保証を変更または補完するものではありません。 CommScopeは、ISO9001、TL9000、ISO14001などの国際規格に従って承認された、世界中にある CommScopeの数多くの施設で、ビジネスの完全性および環境持続性に関する最高度の規格を採用しています。
CommScopeの取り組みに関する詳細はこちらでご覧いただけます。www.commscope.com/About-Us/Corporate-Responsibility-and-Sustainability